結婚相談所での縁

以前は結婚相談所というものに、あまり良い印象をもっていませんでした。

というのは、
20代後半の頃、全く結婚の気配がないことに心配した親が、
勝手に結婚相談所に登録して、次から次にお見合いの写真を見せられました。
当時は結婚というものにあまり興味がなかったので、すべて見て見ぬふりをしていました。
今思えば当時はまだ若かったこともあって、結構よい話があったようなのに、
勿体ない事をしてしまいました。

時は流れて30代半ばになり、
結婚したいと自分が思う頃には、周りの良さそうな人はすでに結婚しており、
このままでは結婚できないかもしれないと本気で焦るようになりました。

そのことに気付た親がタイミングよく、再び結婚相談所の話をしてきました。
結局、相談所でのお見合いで知り合い、主人と結婚することができました。

正直なところ、結婚相談所なんて、お金儲けだけでやっているという印象がありましたが、
その相談所は女性が1人でやっており、親身になって話を聞いてくれて、
とてもあたたかい雰囲気がしました。

結婚相談所でお見合いしたのは主人だけでしたが、たまたま良い人だったので、
本当にあっさりと結婚が決まってしまいました。
結婚は全て縁だと思うのです。
主人の実家は、母親の実家の近くだということもあとから分かりました。

単なる食わず嫌いは大きな機会損失かもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク